コンサルティングメニュー
ISO9001 (QMS)
品質マネジメントシステム
ISO14001 (EMS)
環境マネジメントシステム
ISO20000 (ITSMS)
ITサービスマネジメントシステム

ISO27001 (ISMS)
情報セキュリティマネジメントシステム
弊社は、情報セキュリティ監査企業として、経済産業省の「情報セキュリティ監査企業台帳」へ登録されています。
BS25999 (BCMS)
事業継続マネジメントシステム
プライバシーマーク
個人情報保護マネジメントシステム
サンプル文書提供サービス
会社情報
このホームページへのリンクは自由に行ってください。
e-mail: info@jitm.co.jp
トップページ会社情報
活きたコンサルティングのエキスパート
経済産業省情報セキュリティ監査企業台帳登録企業
 災害や事件・事故により企業活動に大きな影響が生じ、結果として、他の企業や組織に悪影響を及ぼした事例が増え続けています。
 事業継続管理の基礎を築くことにより、災害や事件・事故など、事業を中断される事態への備えがあることでサプライヤからの信頼を高め、組織の存続を可能にします。事業の確実な継続と早期復旧が求められるなか、このような様々なリスクを幅広く認識し、事業継続性を確保する管理体系を活用することが事業継続マネジメントシステム(BCMS)の主要なコンセプトです。


 BS25999は2部構成となっています。BS25999 Part1は事業継続管理(BCM)のための実践規範であり、事業継続を理解し、構築し、実施するための基礎として活用できます。BS25999 Part2は事業継続管理(BCM)のための仕様であり、様々な業種、規模の組織で活用できる事業継続マネジメントシステム(BCMS)の認証用の規格です。
BS25999 Part1は2006年11月27日に発行され、BS25999 Part2は2007年11月20日に発行されました。

 今後、BS25999は2009年頃にISO化されると予想されており、他のマネジメントシステムと同様に、多くの企業が事業継続マネジメントシステム(BCMS)の導入を行なうことが予想されます。

BS25999(BCMS)導入のメリット

          BS25999(BCMS)概要

対外的メリット
企業イメージの向上
顧客満足度の向上
信頼感の増大
取引条件の差別化

内部的メリット
事業中断による影響の管理
製品やサービスのための復旧力の改善
業務改善活動の活発化
目標管理手法の定着

BS25999(BCMS)Q&A
 BS25999(BCMS)に関するQ&A集です。

BS25999(BCMS)コンサルティング

 BS25999のマネジメントシステムの構築から認証取得までの手順は、以下のとおりです。
 詳細は、弊社へお問合せください。

BS25999(BCMS)コンサルティング
BS25999(BCMS)導入スケジュール

 以下は、一般的な導入のスケジュールです。
 企業規模等により期間は変ります。詳細は、弊社へお問合せください。
 コンサル開始月からの経過月数は以下の通りです。

BS25999(BCMS)導入スケジュール
株式会社ジェイ・アイ・ティ マネジメント
岐阜県岐阜市西荘4丁目18番5号
Tel 058-253-7170 FAX 058-253-7226
 BS25999(BCMS)